製品情報(侵入検知システムIQ)

製品概要

防犯監視映像解析システムと連携を行ない、既設の防犯カメラの映像からさまざまな監視(侵入者、うろつき、盗難、放置物、違法駐車等)を行います。


機能一覧

  • 設定した領域内(立入禁止)への侵入者(物)の検知。(領域設定は柔軟(多角形)で複数の指定が可能です)
  • 不審な行動者(うろつき等)や突然走り出した人間(引ったくり等)の検知。
  • 混雑していない場所での盗難及び放置物の検知。(混雑している場所については上位製品がございます)
  • 監視したい時間を柔軟(年月日、時刻、曜日)にスケジューリング出来ます。24時間可能です。
  • アラーム発生時、音での通報とともに携帯やパソコンへのメール(検知画像添付)による通知を行います。
  • アラーム発生前後の映像を保存し、必要なときに再生が出来ます。

特徴

  • 既存の防犯カメラにPCを接続するだけで利用出来ます。(アナログカメラの場合はデジタル変換が必要です)
  • 市販のノートブックPC、デスクトップPC(WindowsXP)で利用可能です。
  • カメラ1台の監視から複数カメラ(100台以上)の同時監視システムまで、柔軟に構成できます。
  • サイレン・ライト・ドア・ゲートなど、多彩な外部機器と接続が可能です。

動作環境・システム要件

■OS(サーバ/クライアント)
 Windows 7 Professional/EnterPrise/Ultimate
 Windows Server 2003 SP2
 Windows Server 2008


■システム要件
 [サーバ]
  Intel Core2 Duo 2.66GHz以上のCPU, メインメモリ2GB
  ハードディスク 160GB SATA2 x 2基
  (カメラ1台につき6GBの空き容量が必要です。)
  ※ 上記は6チャンネル サーバの場合

 [クライアント]
  Intel Pentium D 3.4GHz以上のCPU, メインメモリ2GB, ハードディスク 160GB

Windows.は米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標、または商標です。
その他、本資料に掲載されているシステム名、製品名などには必ずしも(TM、R)を記載しておりません。
本資料に記載されている内容については、改善などの為に予告なく変更する事がありますので、ご了承ください。