教育

基本方針
「企業は人なり」と言われますが、IT企業では特に「人材」が非常に重要です。日進月歩のIT業界で、常に最新技術に追随し、競合力のあるサービスを提供していくためには、「優れた人材」が当社では、長期的な視野に立ち、社員の適性にあった一人一人のキャリアプランを作成し、着実なキャリアアップを目指します。
教育研修
当社では、技術教育だけではなく、ヒューマンスキル教育にも力を入れています。さらに社内/社外の研修だけでなく、社員の資質や適性に配慮しながら、将来を見据えたキャリアアップに取り組んでいます。
新入社員教育
TOAグループでは、内定期間を含めて、約1年6ヶ月の期間をかけてSEに必要となる基本的なスキルを身につけてもらいます。

コンピュータやソフトウェアについての技術的な知識は、内定者教育から始まり、新入社員研修時にそのフォローを行っています。 技術的な知識は、理系・文系を問わず、この研修中に習得することができますので、経験の有無は全く心配要りません。

3ヶ月間の集合研修期間に、ビジネスマナーやコミュニケーションスキル等のヒューマンスキル及びJava言語などの各種IT技術の基本を習得します。その後は、プロジェクトに参画しながら、実際の業務を通して、SEの実務的スキルを習得します。OJT期間は専任のトレーナ(先輩社員)が目標に沿った指導を行います。
中堅社員教育
TOAグループでは、社員のキャリアパスに合った様々な教育活動を提供し、個人の適性に合った長期的な目標を設定し、キャリアアップに取り組んでいます。また、定期的に上司との面談を通して、継続的なフォローアップも行っています。